スターアジア不動産投資法人

グリーンファイナンス・フレームワーク

  1. ホーム
  2. ESGについて
  3. グリーンファイナンス・フレームワーク

グリーンファイナンスについて

「グリーンファイナンス」とは、環境に配慮した事業に資金使途を限定して調達するファイナンスであり、調達資金の全額を適格資産の取得資金又は同資金のリファイナンスに充当することを目的とした借入れ又は投資法人債の発行を意味します。調達資金は全額、適格資産の取得資金又は同資金のリファイナンスに充当されます。
本投資法人は、投資主利益の最大化を追求するとともに、上場不動産投資法人として社会的役割を果たすことも重要であると認識しています。この認識のもと、不動産投資運用事業を行うに際して、長期的な持続可能性を追求して企業価値を高め、総合的な競争力を発揮するために、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)に、最大限の配慮をしています。今後も、投資主利益の最大化を追求するとともに、グリーンファイナンスの活用など、ESGに関連する施策を一層推進してまいります。

グリーンファイナンス・フレームワーク

本投資法人は、グリーンファイナンスにより調達する資金の使途を、環境改善効果を有する事業に限定するため、以下のとおり「グリーンファイナンス・フレームワーク」(以下「本フレームワーク」といいます。)を策定し、本フレームワークに則り、資金の調達及び管理を行います。

外部機関の評価

本投資法人は、本フレームワークが

に適合しているか否かについて、株式会社日本格付研究所(以下「JCR」といいます。)からの評価を受け、「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green1(F)」を取得しています。

JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価

資金使途

グリーンファイナンスにより調達する資金は、以下の適格クライテリア-1を満たすグリーンビルディングの取得資金もしくは適格クライテリア-2を満たす改修工事資金、又はこれらの資金のリファイナンスに充当します。

適格クライテリアについて

適格クライテリア-1

以下の第三者認証機関の認証のいずれかを取得・更新済もしくは今後取得・更新予定の物件

  • DBJ Green Building認証:3つ星、4つ星、もしくは5つ星
  • BELS評価:3つ星、4つ星、もしくは5つ星
  • CASBEE認証:B+ランク、Aランク、もしくはSランク
適格クライテリア-2

以下いずれかを満たす設備等改修工事

  • 適格クライテリア-1の評価・認証のいずれかにおいて星の数又はランクの1段階以上の改善を意図した改修工事
  • 運用する不動産において、エネルギー効率、水の消費性能等、環境面で有益な改善を目的とした設備改修工事(従来比 30%以上の使用量削減効果が見込まれるもの)
  • 再生可能エネルギーに関連する設備の導入又は取得

プロジェクトの選定基準とプロセス

本資産運用会社においては、グリーンファイナンスにより調達する資金の使途となるプロジェクトを財務管理部が選定し、サステナビリティ推進委員会によって適格クライテリアへの適合性を審議・確認します。
その後、本資産運用会社及び本投資法人の意思決定プロセスに則り、グリーンファイナンスの実施を決議します。

資金管理の方法

調達資金が対象プロジェクトへ充当されるまでの間は、調達資金は現預金又は現金同等物(譲渡性預金等)で管理します。
なお、本投資法人が調達した資金を充当したグリーン適格資産を売却した場合や、当該グリーン適格資産が何らかの理由で適格クライテリアを満たさなくなった場合においても、①直近決算期末時点における適格クライテリア-1の取得価格の総額に、直近決算期末時点におけるLTV(注)を乗じて算出した負債額及び②適格クライテリア-2を満たす改修工事資金(売却済物件に係る改修工事資金を除く)の総額の合計額(①+②)を、本フレームワークに基づくグリーンファイナンスによる調達上限額(以下「グリーン適格負債上限額」といいます。)とし、グリーンファイナンスによる調達資金残高がグリーン適格負債上限額を超過しないよう管理します。

(注) LTV・・・有利子負債総額÷総資産額

レポーティング

①資金の充当状況に関するレポーティング

本投資法人は、本フレームワークに基づいて調達したグリーンファイナンスの残高が存在する限り、本投資法人のウェブサイトにおいて、以下の内容を年次で開示します。
当該調達資金の充当状況(調達資金が適格クライテリアに合致するプロジェクトに全額充当されるまでの間)
グリーンファイナンスの残高及びグリーン適格負債上限額
※やむを得ない事由により未充当資金が発生した場合には、資産運用会社の承認を経たのち、本投資法人のウェブサイトにおいて開示をします。

②インパクト・レポーティング

本投資法人は、本フレームワークに基づいて調達したグリーンファイナンスの残高が存在する限り、本投資法人のウェブサイトにおいて、以下の指標を実務上可能な範囲で開示します。

<適格クライテリア-1に適合するプロジェクトに係るデータ>

<適格クライテリア-2に適合するプロジェクトに係るデータ>

設備改修工事の概要(対象物件・工事金額・実施時期等)
以下の項目のうち、削減効果が見込まれるものの定量指標(改修前後)

このページの先頭へ