スターアジア不動産投資法人

経営情報ニュース

ポートフォリオ運営方針

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 「総合型REIT」、「着実な成長」、「投資主利益の最大化」
  4. ポートフォリオ運営方針

日本においてエリアを問わず様々なアセットタイプ(用途)への投資実績を持つスターアジアの不動産投資戦略を背景とし、その強みを最大限に活用すべく総合型のポートフォリオを構築します。

独自のマーケット分析に基づき運営される総合型REIT

本投資法人は、人口動態分析等に基づく中長期的な各エリアの需給予測並びに不動産の売買市場及び賃貸市場の動向等の独自マーケット分析を実施します。その上でオフィス、商業施設、住宅、物流施設及びホテルの各アセットタイプ(用途)の収益の安定性と成長性を勘案して、マーケット環境に即した最適なポートフォリオの構築を目指します。

投資方針

東京圏への優先、集中投資
東京圏へ優先、集中的に投資し、東京圏への投資割合を当面の間ポートフォリオの70%以上(取得価格ベース)とすることで収益の「安定性」及び「成長性」を享受
アセットタイプ(用途)の分散による収益の「安定性」と「成長性」の取り込み
オフィス、商業施設、住宅、物流施設及びホテルへ分散投資し、用途分散を図り、ポートフォリオにおける収益の「安定性」と「成長性」の双方を追求
一つのアセットタイプ(用途)への投資比率は、原則として50%以下とします。但し、実際の投資比率は一時的に50%を上回る場合があります。
ミドルサイズアセットを中心とした投資
ラージサイズアセットよりも相対的に流動性の高い、良質なミドルサイズアセットを中心に投資することにより、各物件におけるテナント退去や賃料の減少に伴うポートフォリオ収益への影響の最小化を目指す
「ミドルサイズアセット」とは取得価格が100億円未満である不動産等をいい、「ラージサイズアセット」とは取得価格が100億円以上である不動産等をいいます。
都心5区に限定したラージサイズアセットへの戦略投資
資産規模の拡大を加速させる観点から、都心5区に限定し、ラージサイズアセットを厳選して取得

ポートフォリオの運営

  1. STEP1
    エリア毎に人口動態分析等を実施し、またアセットタイプ(用途)毎に不動産マーケットの動向(売買市場及び賃貸市場の動向)を調査分析
  2. STEP2
    独自のマーケット分析を踏まえ、投資対象アセットタイプ(用途)毎及びエリア毎の投資スタンスを決定
  3. STEP3
    本資産運用会社の独自のネットワーク及びスポンサーの情報網を活用し投資対象を探索。多様な取得手法を検討
  4. STEP4
    投資対象のポートフォリオへの寄与度及び取得後のポートフォリオのリスク耐性等を検証した後、適切な投資を実行

ポートフォリオデータ

このページの先頭へ